パワーストーンの種類と利用目的
パワーストーンには空間を浄化するものと、運気をアップするとされるものがあり、おしゃれを楽しみながら運気を高められるものとしてブレスレットやアクセサリーにも活用されています。

パワーストーンの種類

パワーストーンには、透明な石、不透明な石、岩石のようにゴツゴツしているものなど、その鉱石の種類に応じて分類されます。透明なものの中でも有名なのは、水晶、アクアマリン、ガーネットなどがあり、タイガーアイやトルコ石、オニキスなどは不透明できれいな模様があるか、シンプルな色合いです。

溶岩や岩石のように大地の力によって生み出された石や黒曜石などもよく利用されます。こうした種類はとても多く、その石の特徴や期待できる運気によって無数に存在しています。

これらの種類は科学的に細かく分類されているわけではなく、パワーストーンという分野で命名されているものも多くです。

アクセサリーにするのが多い

パワーストーンはアクセサリーとして利用されることが最も多いです。ブレスレットやネックレス、キーホルダーなどで使われることもあり、ブレスレットは特に愛用者が多く、パワーストーンが販売されている場合には、ほとんどがこのブレスレットの状態です。

占い師が浄化のためにつけていることもありますが、一般の方でも運気アップや験担ぎとして使うことは多く、アクセサリータイプのパワーストーンはとてもおすすめです。

アクセサリーとしてパワーストーンを販売する場合は、素人でも比較的簡単にブレスレットを作れるため、価格もそこそこの利益を出せる金額に設定できます

運気アップが一番おすすめ

パワーストーンに期待されているのはやはり運気向上、邪気払いです。金運をアップするタイガーアイには、レッドタイガーアイやピンクタイガーアイなど色によって種類が分かれているものもあり、着色したものや元々色がついているものまで多数あります。

レッドタイガーアイは、タイガーアイという石に元々含まれている鉄分が変化して発色するもので、数が少なかったり、科学的に製造しにくかったりするため、良質なものほど価格は高くなり、運気アップにも効果が期待されるといわれています。

パワーストーンは主にその石の持つパワーを期待してつけるので、自分に不足していると思う力に合わせて石を選びましょう。自分の弱点を把握して、パワーストーンとして常に持っていることで、その弱さを見つめ直して改善しやすくしてくれるというのもパワーストーンのおかげかもしれません。