パワーストーン資格はどこで生かせる?パワーストーン資格はハンドメイド品を作るときと、フリマアプリなどでハンドメイドのパワーストーングッズを販売する時に役立ちます。

無資格でもパワーストーンのアクセサリーを販売できますが、資格があったほうが信頼があって買い手も付きやすいです。

パワーストーンの魅力

パワーストーンの中でも最も多くの方がそのパワーを感じられる石がアメジストの固まりです。アメジストが大きな石の中にこびりついているような構造の置物タイプのパワーストーンの中に手を入れると、ビリビリとした感覚を感じられる事があります。

これはパワーストーンにより磁力軽減、電磁中和などが科学的に起きていると考えられ、デジタルデトックスの促進や体内の磁場を安定させる働きあるかもしれません。医学的な効果があるわけではないですが、パワーストーンそのものに何かを浄化したり、状態を変えたりすることが期待されます

パワーストーン資格を学ぶための準備

まずはパワーストーンの基礎知識として、石としての性質とそのパワーストーンのエネルギーについて感覚的に理解を深めておく必要があります。石に心はないですが、自然界の中で電子的なエネルギーや太陽光などからエネルギーを得て力を蓄えます。

石そのものは水を吸収する性質はないですが、長い間水に触れていると、少なからずその影響を受けた石になります。パワーストーンの浄化作用も同じく、周囲の環境に応じて影響を受けて変化します。周辺の環境を浄化して、石のエネルギーが落ちても、石を再び浄化して、力を取り戻せれば、また浄化する力を持ってくれます

何度も浄化して使いまわすのは本来のパワーストーンの使い方ではなく、パワーストーンで浄化が始まるような場所があれば、その場所を改善して負のエネルギーが滞らないようにするために使うのが一般的です。

ブレスレットにする場合

パワーストーンのブレスレットは左手首につけることが多く、その人のエネルギーや邪気払い、運気アップを期待して付けられます。ブレスレットにして付ける場合は、常にそのパワーが働いてパワーストーンを一気に疲れさせてしまうため、摩耗も激しくなります。

人にちょってはお風呂や料理までこのブレスレットを付けたまましてしまう人がいますが、心を落ち着かせたい時や大切な集中することがあるときだけブレスレットをつけるというのが正しい使い方です。

ブレスレットは物理的な衝撃で破損してしまうことも多いので、あまり多用しないで使えるようにしましょう。

まとめ

パワーストーン資格を取得するとパワーストーンの本来の力を引き出す方法や、パワーストーンに期待できることなどをしっかり学べて、販売するときにも役立ちます

パワーストーン本来の力を引き出せるように正しい知識とスキルを磨いてみてください。