パワーストーンの歴史と装飾品としての価値パワーストーンは古来は占いや呪術、祈りのために使用され、王族や貴族の装飾具としても用いられてきました。宗教的な意味合いや、魔除けのパワーがあるとされ、近年でもそういった歴史的なパワーストーンは大切に守られています。

パワーストーンの歴史

パワーストーンは歴史的に見れば、お祈りやお守りとして使われてきています。実際にそのパワーストーンに魔法のような力があるわけではなく、気休めやプラシーボ効果の方が強いとされています。

また、おしゃれできるアイテムとしては、魔除けや恋愛運アップのような意味合いがあった方が人気が出やすいということもあり、占いやオカルトチックなものが好きな人には特に愛されています

もちろん、一定の鉱石には電磁波や電波の効果を弱めるものもあるため、科学的に何の効果もないといい切れませんが、効果があるとも証明されていません。装飾品やプラシーボ効果が期待できるものとして趣味的に利用するのが無難でしょう。

パワーストーンと装飾品

パワーストーンの多くはカラフルな色合いで、透明なものが多いです。そのため、カバンにつけるアクセサリーやブレスレットとしての汎用性が高く、男女ともに思い通りのおしゃれを楽しむのに活用できます

ただのおしゃれだけでなく、運気アップや魔除け、邪気払いができるかもしれないという淡い期待から着用している人もおり、現代人の文化的な装飾の一つとしても利用されます。

古来は、貴族や王族の装飾品としても利用されており、古来は神秘性や自然の力を受けたものとして重要視されていたこともあります。実際にそのような力がなくても、古代の人々にとっては美しい鉱石があれば、そこに祈りを捧げて開運を祈り、自然との共存を果たしていたといえるでしょう。

流行の一つとしても注目されている

占いやスピリチュアルブーム、ニューエイジブームなどの影響を受けてパワーストーンの人気が高まることがあり、芸能人や有名人の影響でパワーストーンが最注目されることもあります。

科学的な健康効果は証明されておらず、病気を治すというような表現を用いてパワーストーンを販売するのは薬事法により規制されるなど、社会的に問題が起こるほどに人気が出ることもあります。

金運アップや総合運アップ、魔除けとしてたいていの一般家庭に1つはあるとも言われており、遠いようで身近な文化のひとつとして国内でも海外でも人気が一定数あります。それらの石に絶対の効果があるわけではないので、そのことを理解した上でパワーストーンを入手しましょう。